>  > ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック)
大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz 大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz

大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz

山懐に
深く抱かれた
城下町郡上八幡で
一五八〇年に創業、
伝統の工芸技術を
継承してまいりました
郡上八幡のご紹介 郡上八幡は岐阜県のほぼ中央に位置し、江戸時代に築かれた「郡上八幡城」を中心とした城下町で、今でも当時の古い町並みが色濃く残っています。その頃に整備が始まったとされる水路が町中に張り巡らされており、せせらぎの音が心地良く響くことで「水の町」としても知られています。また、日本三大盆踊りの1つ「郡上おどり」は、江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために、「盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」といわれ、今でも続く徹夜おどりが魅力の1つとなっています。(郡上市観光連盟より一部転載)。

大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz

冬の風物詩
鯉のぼり寒ざらし

大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz
郡上本染とは
郡上本染とは 郡上本染は江戸時代から400年以上続く日本伝統の「正藍染」です。正藍染とは、天然の藍を原料とした伝統の染色技法で、近年、化学染料での藍染が主流となるなか、「紺屋(こうや)」と呼ばれる正藍染の染物店は数少なくなりました。
天然藍には防虫効果もあるといわれ、古くから風呂敷や衣類として親しまれています。長く使うほどに紺色から青色へと変化し、「ジャパン・ブルー」と呼ばれるその正藍染の色合いは、海外でも高い評価を得ております。
また、冬の風物詩として親しまれる郡上八幡の清流での「鯉のぼり寒ざらし」では、色鮮やかな鯉のぼりが、水中を雄大に泳ぐような姿を愉しめます。
渡辺染物店の歴史 天正8年(1580年)、渡辺染物店は山の懐にふかく抱かれた城下町、郡上八幡に誕生。以来、400年以上の長きにわたり染色技術を継承し、人々の歴史と共に歩んで参りました。江戸時代、城下町であった郡上八幡では主に武士の着物などのあつらえとして栄え、大正時代には郡上八幡の市街地だけでも17軒あった紺屋ですが、現在は渡辺染物店1軒が残るのみとなっています。「筒描(つつがき)」と呼ばれる伝統技術が特徴的で、渡辺染物店では1点1点、手作業で柄入れをし、何度も何度も丁寧に染めていきます。正藍染の美しさを引き出し、手作りの温かさが伝わる本物の藍染を守りつづけております。
染物のご紹介
続きを読む
歴 史

正藍染は、タデ科の藍草を発酵させた「すくも」に、「灰汁」「石灰」などを混ぜ、それを土間に埋め込んだ甕の中で醸成させて出来た染め液で染色を行います。醸成された染め液は、いわば〝生きている状態″のため、湿度や温度に気を配りながら毎日撹拌しています。創業から欠かさず受け継がれた日々の技術も、正藍染の魅力の1つです。
今は、節句もののほか、お店の暖簾やタペストリー、お祭りの半纏、バッグや洋服、ストールなど、様々な製品を作っています。1点1点図柄を描き、天然染料で丁寧に染色をするため、職人による手染めの風合いが感じられ、また家紋や名入をなどの特注品も贈答用として喜ばれています。

製造工程
1 下描き・糊置
1下描き・糊置 綿や麻などの布地に図柄を描き、天然の餅糊で、着色をしない部分に糊置をします。
2 着色
2着色 大豆の絞り汁に顔料を溶いた染料で色付けをします。
3 藍染
3藍染 天然藍の染め液に浸し、藍の染色を行います。
4 洗い
4洗い 清流の川の水で濯ぎます。仕上がりの濃さやデザインに合わせ、藍染〜洗いの工程を多い時には十数回行います。
歴 史

鯉のぼりは、江戸時代に発祥した日本古来の風習です。「龍門と呼ばれる滝を様々な魚が登ろうとしたが、登れた鯉だけが龍になった」という中国の故事から由来し、人生における出世になぞらえて「鯉の滝登り」を節句の象徴としたのがはじまりです。もとは、江戸時代の版画にあるような一番大きな「真鯉」だけでしたが、明治時代あたりから「緋鯉(ひごい)」、そして昭和時代から「子鯉」が加わったものが主流になりました。今は、マンションの増加などに伴い、小さな鯉のぼりも喜ばれています。渡辺染物店の鯉のぼりは「カチン染め」という技法を使い、1点1点、目や鱗などの柄入れをするのが特徴的です。その糊を落とす「寒ざらし」は郡上八幡の冬の風物詩となり、国内外から毎年多くの観光客が訪れています。

製造工程
1 下描き・糊置
1下描き・糊置 綿の布地に図柄を描き、天然の餅糊で、着色をしない部分に糊置をします。
2 着色
2着色 大豆の絞り汁に顔料を溶いた染料を、刷毛で色付けします。
3 寒ざらし
3寒ざらし 染め上がった鯉のぼりを一晩水にさらし、手作業で糊を落とします。真冬に行われる「寒ざらし」により生地が引き締まり、色鮮やかな風合いが生まれます。
4 縫製・仕上げ
4縫製・仕上げ 乾燥した鯉のぼりを縫い合わせ、最後に竹の口輪をつけて完成です。
藍染
続きを読む
歴 史

正藍染は、タデ科の藍草を発酵させた「すくも」に、「灰汁」「石灰」などを混ぜ、それを土間に埋め込んだ甕の中で醸成させて出来た染め液で染色を行います。醸成された染め液は、いわば〝生きている状態″のため、湿度や温度に気を配りながら毎日撹拌しています。創業から欠かさず受け継がれた日々の技術も、正藍染の魅力の1つです。
今は、節句もののほか、お店の暖簾やタペストリー、お祭りの半纏、バッグや洋服、ストールなど、様々な製品を作っています。1点1点図柄を描き、天然染料で丁寧に染色をするため、職人による手染めの風合いが感じられ、また家紋や名入をなどの特注品も贈答用として喜ばれています。

製造工程
1 下描き・糊置
1下描き・糊置 綿や麻などの布地に図柄を描き、天然の餅糊で、着色をしない部分に糊置をします。
2 着色
2着色 大豆の絞り汁に顔料を溶いた染料で色付けをします。
3 藍染
3藍染 天然藍の染め液に浸し、藍の染色を行います。
4 洗い
4洗い 清流の川の水で濯ぎます。仕上がりの濃さやデザインに合わせ、藍染〜洗いの工程を多い時には十数回行います。
鯉のぼり
続きを読む
歴 史

鯉のぼりは、江戸時代に発祥した日本古来の風習です。「龍門と呼ばれる滝を様々な魚が登ろうとしたが、登れた鯉だけが龍になった」という中国の故事から由来し、人生における出世になぞらえて「鯉の滝登り」を節句の象徴としたのがはじまりです。もとは、江戸時代の版画にあるような一番大きな「真鯉」だけでしたが、明治時代あたりから「緋鯉(ひごい)」、そして昭和時代から「子鯉」が加わったものが主流になりました。今は、マンションの増加などに伴い、小さな鯉のぼりも喜ばれています。渡辺染物店の鯉のぼりは「カチン染め」という技法を使い、1点1点、目や鱗などの柄入れをするのが特徴的です。その糊を落とす「寒ざらし」は郡上八幡の冬の風物詩となり、国内外から毎年多くの観光客が訪れています。

製造工程
1 下描き・糊置
1下描き・糊置 綿の布地に図柄を描き、天然の餅糊で、着色をしない部分に糊置をします。
2 着色
2着色 大豆の絞り汁に顔料を溶いた染料を、刷毛で色付けします。
3 寒ざらし
3寒ざらし 染め上がった鯉のぼりを一晩水にさらし、手作業で糊を落とします。真冬に行われる「寒ざらし」により生地が引き締まり、色鮮やかな風合いが生まれます。
4 縫製・仕上げ
4縫製・仕上げ 乾燥した鯉のぼりを縫い合わせ、最後に竹の口輪をつけて完成です。
取扱い商品について 節句の商品をはじめ、生活シーンでの
様々な商品を制作しております。
お洋服やショールなど、
デザインが異なる一点物もございます。
また、家紋・ロゴ・名入れも
承っておりますので、
まずはお気軽にお問合せ下さい。
Ninja H2/R(15年〜) エアロスクリーン ライトスモーク 綾織ドライカーボン A-TECH(エーテック) ※これより別サイトにリンクいたします。
岐阜県重要無形文化財
十四代のご紹介 渡辺染物店の先代、14代店主の菱屋安平(渡辺庄吉 享年83)は、昭和52年、岐阜県の重要無形文化財に指定されました。伝統的な技術のなかに現代的な芸術要素を取り込んだことで、安平の作品の数々は、全国の個展だけでなく海外のファッションショーでも脚光を浴びるなど、郡上本染の魅力を国内外に伝えて参りました。生涯にわたり正藍染の技術を守り抜いた14代庄吉の技術は、現店主の15代・渡辺一吉が継承しております。
十四代 菱屋安平(渡辺庄吉)略歴

昭和十年 岐阜県郡上八幡に生まれる

昭和三十六年 郡上郡八幡町重要無形文化財に指定される

昭和四十七年 湯川秀樹博士のご来臨をうける

昭和五十一年 岐阜日日新聞、産業賞をうける

昭和五十二年 岐阜県重要無形文化財に指定される

昭和五十二年 芸術祭参加、山田五十鈴主演「藍染高尾」の舞台衣装制作

昭和五十三年 岐阜県芸術文化顕彰をうける

昭和六十一年 十四代菱屋安平襲名披露ならびに個展を開く(於東京銀座)

昭和六十二年 ぎふ中部未来博に協賛して八十八メートルの「ジャンボコイのぼり」を郡上高校美術部員と共同制作

平成九年 東海テレビ文化賞

平成十年 文化庁地域文化功労者彰受賞

平成十五年 伝統的工芸品産業功労者褒賞受賞

平成二十三年 秋の叙勲で旭日双光章を受章

平成二十五年 常陸宮同妃両殿下に鯉のぼり寒ざらしの御視察を賜る

平成二十八年 皇太子同妃両殿下の御視察を賜る

平成三十年 岐阜県郡上八幡にて逝去

郡上八幡ギャラリー 郡上八幡ギャラリー
お知らせ
2019.09.24 イソッタ R1100S BMW R1100S 1997/2004年 ウインドシールド スタンダード ISOTTA

大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店 d52a441b


大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz




大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店 d52a441b
model:HfwVb12045
ZX-10R(16年〜) 綾織ドライカーボン(DC) エアロスクリーンタイプR A-TECH(エーテック) クリア 綾織ドライカーボン(DC) ZX-10R(16年〜) クリア A-TECH(エーテック) エアロスクリーンタイプR
当店通常価格33880.0000円 (税込)
価格20666.8000(税込)
A-TECH(エーテック) エアロスクリーンタイプR ZX-10R(16年〜) 綾織ドライカーボン(DC) クリア

【適合車種】ZX-10R 【適合年式】16年〜 【備考】※商品画像のベース部分は綾織ドライカーボン (DC)です。実際の商品素材はFRP/黒(FB)になります。スクリーンカラーに関しても画像はサンプルカラー(ライトスモーク)となりますが実際のお届商品はクリアとなります。商品説明中の仕様をご確認ください。この点ご注意くださいませ。 【商品説明】ベース素材・カラー:綾織ドライカーボン(DC) ●純正スクリーン形状に対して、高さ(長さ)を約30mmと設定し、空力特性/防風性能を向上させております。 ●商品仕様: ●エアロスクリーンタイプRカラー:クリア ●ベース素材:綾織ドライカーボン(DC)  ▼▼詳細情報を必ずご確認ください▼▼





※商品画像のベース部分は綾織ドライカーボン (DC)です。実際の商品素材は綾織ドライカーボン(DC)になります。スクリーンカラーに関しても画像はサンプルカラー(ライトスモーク)となりますが実際のお届商品はクリアとなります。商品説明中の仕様をご確認ください。この点ご注意くださいませ。

ベース素材・カラー:綾織ドライカーボン(DC)
純正スクリーン形状に対して、高さ(長さ)を約30mmと設定し、空力特性/防風性能を向上させております。
商品仕様:
エアロスクリーンタイプRカラー:クリア
ベース素材:綾織ドライカーボン(DC)

【商品名】
エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC)
【商品番号】
A20-K11075-R
【メーカー】
A-TECH(エーテック)
【車種メーカー】
KAWASAKI(カワサキ)
【適合車種】
ZX-10R
【適合年式】
16年〜



イベント

大人気定番商品 ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック), 専門家が選ぶ米 戸塚正商店:d52a441b --- gr-electronic.cz

郡上本染 岐阜シティタワー43展を開催します

2019.05.07 イベント

渡辺庄吉 遺作展 開催

2019.04.30 お知らせ

奉祝 令和元年

ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック)
店舗情報 住所:岐阜県郡上市八幡町島谷 737
電話:0575-65-3959 FAX:0575-65-3958
営業時間:10:00-17:00 
定休日:不定休

■Gmailからお問合せの方へ
Gmailからのお問い合わせの際、まれに当方の返信がお客様の「迷惑メール」に振り分けられる場合があります。
メールでお問合せには出来るだけ早くお返事をしておりますが、5日経過しても返信が届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認頂くか、お電話もしくはFAX(0575-65-3958)、またはGmail以外のアドレスからお問合せ下さいますよう、よろしくお願い致します。
ご不便をお掛け致しますが、ご理解の程何卒よろしくお願い致します。

アクセス

■電車でお越しの場合
長良川鉄道 郡上八幡駅下車 徒歩25分

■郡上八幡駅よりバスの場合、
岐阜バス高速八幡線:城下町プラザ下車 徒歩5分

■高速バスでお越しの場合
バス、岐阜バス高速八幡線:城下町プラザ下車 徒歩5分

■お車でお越しの場合
東名高速・名神高速一宮J.C経由 東海北陸自動車道 郡上八幡インター10分

close
額絵「黄腹鯉」この秋、新発売です
2019.12.19 お知らせ
額絵「黄腹鯉」 45cm×77cm 45,100円(税込)

額絵「黄腹鯉」 45cm×77cm 45,100円(税込) 今秋新発売です。節句に是非。

close
キャッシュレス・消費者還元の状況について
2019.12.17 お知らせ

現在、弊店のキャッシュレス・消費者還元の登録状況は、PAYPAYで利用できます。

12月21日(土)からは、Visa、Mastercardも5%還元が可能です。

エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC)A-TECH(エーテック)ZX-10R(16年〜)
close
2020年鯉のぼり寒ざらしのご案内
2019.11.17 イベント
close
郡上本染 岐阜シティタワー43展を開催します
2019.09.24 イベント
close
羽田空港国際線ターミナルビルの岐阜県産品フェアに出展
2019.07.20 イベント

羽田空港国際線ターミナルビルでの岐阜県産品フェアに出展しています。
期間は、7月15日(月)~8月31日(土)です。
タペストリー、帆布バッグ、ショール、テーブルウェアなどございます。
ただし、出国エリアですので、海外へお出かけの方や、海外へ帰られる方にご覧いただけます。機会がございましたら、是非ご覧ください。

close
渡辺庄吉 遺作展 開催

渡辺染物店 十四代 渡辺庄吉の遺作展が開催されますので、ご高覧賜りますようよろしくお願いいたします。
場所:郡上市総合文化センター
会期:5月11日(土)~15日(水) ※13日は休館日
主催:郡上市教育委員会社会教育課

close
奉祝 令和元年
2019.04.30 お知らせ

新元号 令和のお祝いの鯉のぼりを店舗に飾りました

ZX-10R(16年〜) エアロスクリーンタイプR クリア 綾織ドライカーボン(DC) A-TECH(エーテック)
close
Oak Village 東京で郡上本染を展示販売
2019.04.16 イベント

Oak Village 自由が丘ショールームにて郡上本染のショールや衣類を展示販売いたします。
開催期間: 2019年4月20日(土)~5月19日(日) 午前11時~午後7時  
開催場所:【558043】 SWITCHBLADE DEFLECTOR ウインドシールド クリア 12年以降FLS/S 87年以降FLST/C/N/F/FB
         〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-15-22 TEL 03-5731-3107
       KATANA(刀)19年 綾織ドライカーボン エアロスクリーン スモーク A-TECH(エーテック)


close
Let’s Dye a Shawl with Gujo Indigo Dye
2019.04.06 イベント

Gujo Indigo Dyeing Workshop
Let’s Dye a Shawl with Gujo Indigo Dye

   Watanabe Indigo Dyeing Studio (Watanabe Somemono in Japanese) has been active in indigo dyeing here in Gujo for 430 years. Our studio is home to ceramic indigo-dyeing pots from long ago that remain buried in the floor while Gujo’s pristine water flows through the waterway that passes by our front entrance. The flowing water here is very clean and fresh as it comes from nearby mountain springs. 

What is Gujo Indigo Dyeing?
   Gujo Honzome (Gujo Indigo Dyeing in English) is a True Indigo Dyeing process that has been passed down over 400 years since the Edo period (1603-1868). True Indigo Dyeing is a traditional Japanese dyeing method that only uses naturally grown indigo. In recent times, kouya dyers (dyeing studios that follow the strict guidelines for True Indigo Dyeing) have become few and far between as indigo dyeing with artificial indigo has become a mainstream practice.
   Natural indigo is said to be effective in repelling bugs and has long been a favorite when making traditional Japanese furoshiki (a cloth for wrapping items in) and clothing materials. Over time the deep blue tints will fade into a brilliant light blue; these True Indigo Dye tones are officially called Japan Blue and are highly praised even overseas.
   Our dyeing process, which has been passed down tirelessly since the founding of our studio, is also one of the appeals of True Indigo Dyeing.
   We hope you enjoy this valuable experience where historical tradition, nature, and your very own efforts are combined to form a true work of art. Now let’s make some original indigo-dyed shawls and shirts!

Required Time, Items, etc.
*Items to Bring: apron, gloves, and work clothes
*Activity Duration: around 3 hours
*Participation Fee: 15,000 yen

Access
*By Train: 25-min. walk from Nagaragawa Railway Gujo-Hachiman Station
*By Local Bus (from Gujo-Hachiman Station): Take a Gifu-Hachiman Line bus heading towards Meitetsu Gifu and get off at the “Gujo Hachiman Jokamachi Plaza” stop, walk 5 min.
*By Highway Bus (from JR Gifu): Take a Gifu-Hachiman Line bus heading towards Hotel Gujo Hachiman and get off at the “Gujo Hachiman Jokamachi Plaza” stop, walk 5 min.
*By Car: 10-min. drive from Tokai-Hokuriku Expressway Gujo-Hachiman I.C. via the Tomei Expressway/Meishin Expressway Ichinomiya J.C (please use nearby coin parking)

Instructor: Kazuyoshi Watanabe
(Watanabe Indigo Dyeing Studio 15th Generation President and Master Dyer)

close
平成31年の亥の藍染タペストリーを製作しました
2018.12.28 お知らせ
close
平成31年(2019年)鯉のぼり寒ざらしの日程が決まりました
2018.12.28 イベント
close
郡上本染展(郡上八幡旧庁舎記念館)開催が決まりました
2018.12.28 イベント

日時:平成31年1月19日~2月3日
場所:郡上八幡産業振興公社
         郡上八幡博覧館

close
ホームページリニューアルのお知らせ
2018.12.28 お知らせ

この度、ホームページをリニューアル致しました。
今後とも宜しくお願い致します。

当ウェブサイトは岐阜県からの補助金を受けて製作したものです。
平成30年12月 渡辺染物店